文字サイズ

AKB前支配人が握手会の抜本改革宣言

 25日に岩手県滝沢市で開かれたAKB48の握手会で、川栄李奈(19)と入山杏奈(18)がのこぎりを持った男に切りつけられ、指を骨折するなどのけがを負った事件を受け、AKB48グループカスタマーセンター長で前AKB48グループ総支配人の戸賀崎智信氏(40)が26日、交流サイト「Google+」を更新。事件の詳細をファンに説明した。

 戸賀崎氏は冒頭で「昨日、岩手での握手会にて起きた事件につきまして、ファンの皆様にご報告させて頂きます」とアナウンス。さらに「オープンから握手会の運営やシステムの構築に携わって来たスタッフとして、今回、このような事件が起きてしまい、メンバーやファンの皆様に悲しい思いや、恐い思いをさせてしまったことにつきまして、心よりお詫び申し上げます。本当に、本当に申し訳ございませんでした」とファンに謝罪した。

 その上で「大島涼、高城、倉持、入山、川栄の第6レーンにて、手荷物を何も持っていない犯人が、突然、入山、川栄の前で凶器をジャンパーの内側から取り出し二人に切りつけました。そばにいたスタッフが犯人が振りかざした凶器を素手でつかみ、メンバーを守ろうとしましたが、犯人はそれを振り払い、川栄、入山を、襲いました。川栄、入山ともに、手と頭などを負傷し、二人を、身を挺して守ろうとしたスタッフも手に怪我をしました」と事件の概要を克明に報告した。

 また、今後のイベントのあり方についても言及。「オープン当初より『会いにいけるアイドル』をコンセプトにこのプロジェクトをファンの皆様と創りあげていく中で、メンバーもスタッフも1番大切にしていた、『握手会』でこのような許し難い事件が起きたことに強い憤りを感じますが、今回の事件が起きてしまった以上、抜本的な改革をしなければならないと思っております」と、従来の握手会を継続するのではなく、何らかの対策を検討することも宣言した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス