文字サイズ

ASKA「主治医」アンナカ処方を告白

 17日に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明)容疑者の20年来の「主治医」だという平石貴久医師が22日、フジテレビ系「ノンストップ!」の取材に対して「実はアンナカを処方したのは私」と打ち明けた。ASKA容疑者は取り調べに対して覚せい剤使用を否定し、「使っていたのはアンナカ」と主張している。

 平石医師は「もう4、5年前になると思いますね。実はアンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)を処方したのは私」と打ち明けた。「作曲が長くなるし、アンナカは目を覚まさせる」効用があるからで、あくまで薬事法の範囲内で適正量の処方だったという。

 昨年11月ごろには、ASKA容疑者から平石医師に電話があった。「週刊誌報道にどう対処すべきか相談を受けました」。平石医師はその際、「何かあれば僕が(アンナカの)処方箋を出しましたと言ってあげるから」とASKA容疑者に約束、処方記録などを渡したという。

 約20年前にツアードクターを務めて以来の付き合いだという平石医師が、ASKA容疑者と最後に直接会ったのは去年9月。風邪の症状を訴えて訪れてきた。その際の印象は「週刊誌に出ているようなろれつが回らないとか集中していないとかいうことはなく、普通のASKA君でした」という。

 その時点で既に報道されていた覚せい剤疑惑については「自分の身の潔白を信じて下さい」と強調していたとか。平石医師はASKA容疑者のことを「曲が出ないとか、どうしたらいいでしょうとか、責任感の強い人ですからプレッシャーは大きかったと思います」と思いやっていた。

 ASKA容疑者が覚せい剤を使用していたかどうかについて、平石医師は「主治医として全く見抜けませんでした。彼の黒い部分はお話ししてくれなかったので、気がつかない僕も悪かったのかもしれない」と残念に思っている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス