文字サイズ

能年、橋田賞受賞スピーチで固まった

 女優・能年玲奈(20)が脚本家の橋田壽賀子氏(89)が、放送文化に貢献したテレビ番組や個人に贈る「第22回橋田賞」の橋田賞新人賞を受賞し、10日、都内で表彰式に出席した。橋田賞はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」が受賞した。

 W受賞となった「あまちゃん」。しかし、表彰する立場の橋田氏からは「すいません、私『あまちゃん』見てないんです、実は…。朝はトレーニングや水泳の時間でして」と仰天告白が飛び出した。

 あまりのショックに一瞬ポーッっとなり、「あまちゃん」スタッフに壇上まで呼ばれた能年は、気を取り直し、腰に手を当てて「皆さん初めまして、海女のアキです!」とあいさつ。「橋田壽賀子さんに『あまちゃん』全編を見ていただけるよう、今日は身を引き締めて頑張ります!」と気合を入れた。

 ところが、受賞スピーチでは「(橋田氏は)朝ドラの大先輩『おしん』の生みの親で、お会いするのが恐れ多かった」と話したところで、フリーズしてしまうハプニング。

 橋田氏がすかさず「『じぇじぇじぇ』でいいのよ!」と助け船を出し、“解凍”した能年は「これがスタートライン。ちゃっかりしっかりいただきたいと思います。じぇじぇじぇ!」と、無事にスピーチを乗り切った。

 橋田氏は「他の人じゃ『あまちゃん』はあんなに評判にならなかった」と、ピュアな能年に好感を抱いた様子だった。

 【橋田賞各賞は以下の通り】

▼橋田賞 テレビ朝日「オリンピックの身代金~1964年・夏~」、NHK「あまちゃん」、同「戦場で書く~作家 火野葦平の戦争~」、同「キッチンが走る!」、脚本家・森下佳子氏、ジャーナリスト・岸井成格氏

▼橋田賞新人賞 俳優・綾野剛、俳優・能年玲奈

▼橋田賞特別賞 俳優・伊東四朗

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス