文字サイズ

タモリ放送後楽屋でくつろぐ

放送終了後のスタジオを出る際、車の窓を開けて笑顔を見せるタモリ=東京・新宿 STADIO ALTA前(撮影・吉澤敬太)
2枚

 タレント・タモリ(68)が司会を務めるフジテレビ系「笑っていいとも!」(月~金曜、正午)が31日、最終回を迎えた。スタジオのある東京・新宿のアルタ前には約3000人のファンが集結。タモリは大声援に笑顔で手を振り、32年間の思い出の詰まったスタジオアルタに別れを告げた。

 タモリは午後2時32分、白いバンに乗って裏口からアルタを後にした。集まった“観衆”から「タモさ~ん!」と一斉に声が飛ぶと、タモリは少し恥ずかしそうに会釈し、笑顔で左手を振り、声援に応えた。ファンの声が聞こえるように、車のウィンドウは3分の2ほど開けられていた。スタッフやファン、出演者らへの気遣いを欠かさない、タモリらしい配慮だった。

 午後2時半ごろにアルタを出るのはほぼいつも通り。ただ、この日は「‐増刊号」の収録がなく、放送後の恒例のお楽しみ、“後説(あとせつ)”はなく、最終回ゲストとして登場した笑福亭鶴瓶を中心に、観覧者を前に1時20分近くまで話をしたという。

 関係者によると、タモリはこの日の出演者らと記念撮影。この日は出演しなかったSMAPの草なぎ剛もアルタに駆けつけ、記念撮影に参加した。同1時半ごろからはスタッフが最終回のセレモニーを行い、2時から約30分間、32年間の思い出が詰まった専用楽屋でくつろいでから、スタジオアルタを後にしたという。

 スタジオアルタにはタモリ専用の楽屋があった。

 タモリはこの日午前10時50分ごろ、東京・新宿のアルタ入り。ファンが「32年間ありがとう!」という横断幕を掲げる中、スタッフ数人に囲まれ、スーツ姿で現れた。早くも1000人以上がアルタ前に集まっており、「タモさ~ん」と大絶叫で出迎えると、柔和な笑顔を見せながら会場入りした。

 番組開始とともにアルタの大型ビジョンで最終回の「いいとも」が生中継されると、観衆の数はみるみる膨らみ、約3000人が集結。画面をケータイで撮影したり、エンディングではタモリの「また明日も見てくれるかな?」の呼びかけに「いいとも!」の“大合唱”が起こった。放送終了直後には大きな「タモリ!」コールが沸き起こっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス