文字サイズ

佐村河内氏 執筆者と会見でバトル

“天敵”の執筆者とバトルを繰り広げた佐村河内守氏=都内(撮影・北野将市)
2枚

 作曲家偽装が問題となっている佐村河内守氏(50)が7日、都内のホテルで記者会見した。2時間40分に及んだ会見では、“偽ベートーベン”騒動のきっかけとなった週刊誌の記事を執筆したライターとの激しいバトルもあった。

 作曲偽装発覚のきっかけとなったのはノンフィクション作家の神山典士が2月6日に発売された「週刊文春」で告発した記事だった。

 この日は代理人である弁護士も、司会者も同席せず、佐村河内氏が質問者を指名するスタイルで進行した。カメラマンが陣取る最前列には、長年共にしてきた手話通訳の男性が座り、佐村河内氏に同時通訳をするという形で進められた。

 会見中盤に質問に立った神山氏は、義手のバイオリニスト、「みっくん」に関して追及。「みっくんに『バイオリンをやめるのか?』という発言はどういう立場で言ったのか?それに対する謝罪の言葉が聞けていないのですが?」と矢継ぎ早に質問。佐村河内氏は質問が終わった直後に、間を置かず、「どういうことですか?どういうことですか?」「何を、何を謝れと?」といら立ちぎみに繰り返した。

 すると、神山氏は「まだ手話通訳、終わってないですよ。全部聞いてからの方がいいんじゃないですか」と切り返し。会場から笑いが漏れた。

 神山氏はなおも「ぼくと“口話”をしてください。ぼくと目と目を見てやりましょうよ」と“挑発”。佐村河内氏がゴーストライターの新垣隆氏と、「手話通訳がいなくても“口話”で分かった」と説明したことにひっかけての発言だった。

 佐村河内氏は「そういうふざけたことはやめてもらえませんか。(聴覚診断の)科学的な検査もそこに出ているじゃないですか」と感情をあらわにすると、神山氏は「(診断結果は)聞こえる、というね」と自信たっぷりに応じた。

 すると、佐村河内氏は少し沈黙し、「もう質問はけっこうです。次の方、いらっしゃったらお願いします」と神山氏の質問を打ち切ろうとする場面があった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス