文字サイズ

KABAちゃん 脂肪溶解注射を告白

 タレントで振付師のKABAちゃん(44)が数カ月前から脂肪溶解注射を施されていることを、27日のブログで打ち明けた。

 「実は、、、数ヶ月前から脂肪溶解注射に挑戦してます!箇所は、お腹まわりと、両二の腕 年齢を重ねると女性が気になるとこーっ!」

 注入箇所まで説明し、6回目となる27日には日本テレビ系「スッキリ!!」などのテレビ出演で有名な友利新医師に施されたことも明かした。

 「女性が気になるとこ、ちゃーんとわかってくれて嬉しいよね~」と友利医師に感謝した。

 「この段階で、3cm程細くなってました~いぇい!」と効果も実感しているようだ。

 脂肪溶解注射とは、治療部位に直接有効成分を注入する治療法。大豆成分のレシチンと痛みを軽減する麻酔を含む薬剤の注射が一般的。レシチンは脂肪細胞内でのコレステロール溶解を増加させ、コレステロールとトリグリセリド(中性脂肪)の代謝作用を調節する。この作用によりトリグリセリドは遊離脂肪酸として血管の中に移動し、腸管を経て体外に排出される。脂肪を溶解するために確実にサイズダウンすることができ、食事制限によるダイエットに比べリバウンドしにくいというメリットがある。(フェミークリニックHPから)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス