文字サイズ

松本人志、矢口真里はキャラ変更必要!

 ダウンタウンの松本人志がコメンテーターとしてレギュラー出演するフジテレビの新番組「ワイドナショー」が7日、放送され、東京五輪や流行語大賞など、さまざまな話題が取り上げられた。その中で、松本は、5月30日に俳優・中村昌也と離婚した矢口真里について「相当なキャラ変更が必要」などと復帰への“アドバイス”を送った。

 同番組は東野幸治とフジテレビの三田友梨佳アナウンサーがMCを務める“夜のワイドショー”。この日の放送にはSMAPの中居正広がコメンテーターとして出演した。

 松本は、芸能活動休止中の矢口が週刊誌に「激太り」と報じられたことに、「(離婚報道よりも)“激太り”とか(の言葉が)余計なの。本人はこういう所(激太り)が腹立ったりするの」と報じられる立場からコメント。離婚騒動後は芸能活動を休止している矢口に、「(復帰するなら)相当なキャラ変更が必要」と見解を示した。

 一方、松本と同じく、「本当じゃないこと(情報)とか、自分が番組やる上で鵜呑みにしてしまうのがいや」という理由で、「ワイドショーはほとんど見ないです」という中居。“矢口問題”に関して、離婚騒動渦中に、当事者でない芸能人が「謝罪すべき」「会見すべき」などとテレビなどで発言していたことに、「タレントさんが言うのは筋が違うと思う」と疑問符。「テメエに言われる筋合いじゃない、と思うんだよね」と持論を展開した。

 その上で、もしこういう問題が自身や周囲に起こったら?と東野に聞かれると、「(時間を置くよりも)すぐに(テレビなどのメディアに)出た方がいい、と思う」との意見だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス