文字サイズ

ASKAが公式HPで「薬物疑惑」否定

 人気デュオCHAGE and ASKAのASKA(55)が27日、8月に一部週刊誌で覚せい剤などの薬物使用を報じられたことを受け、公式HPに「記事にあるような、違法なことは一切やっていませんし、あのような言動、行動に関しましても、一切ありません」と報道を否定する声明を発表した。

 6月に一過性脳虚血症の疑いがあることを公表し、自宅療養していたが、体調も回復し、すでに音楽製作を再開、延期しているチャゲアスのライブについて来年の実現を目指すことも発表。「この悔しさは、音楽で取り払ってみせる」と力を込めた。

 ASKAは、8月1日発売の週刊文春で、覚せい剤などの薬物使用と、その吸引映像を暴力団に盗撮され、金銭を要求されていると報じられていた。これに対し、所属事務所は同日、公式HPで「報道の内容は事実に反しており、大変遺憾」と否定していた。

 今回の声明では、初めてASKA自身が「今回の記事にあるような依存性の症状などがないことは、前回のコンサートに参加して下さった皆さんには、はっきりと証明できていると思っています。それだけに今回の記事が事実無根であることは、皆さんが一番理解してくれていると僕は信じています」と初めて否定した。

 また、「僕にも不注意なことはあったかも」として「音楽関係者といって近づいてきた人」との関係を断ち切ったことを逆恨みされたことが一連の報道の原因ではないか、との見解を示している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス