文字サイズ

綾瀬はるか「ぬえスタイル」披露

 NHK大河ドラマ「八重の桜」に主演する綾瀬はるか(28)が3日、ドラマ後編の舞台となる京都市でPR会見を開いた。主人公・八重の2人目の夫で、同志社英学校(現同志社大学)を創立した新島襄役のオダギリジョー(37)と、新島夫妻が暮らした新島旧邸を訪問した。

 「ぬえスタイル」と呼ばれた独創的な新島八重の洋風帽子に着物姿のファッションを披露した綾瀬は「着物にブーツをはいたりもして、和洋折衷な感じが気に入ってます」と笑顔。「ぬえ」は、さまざまな動物の顔、胴体、手足が組み合わさった妖怪で、意味が分からず事前に調べたという綾瀬は「妖怪なんですよね。うまいこと言うなあ」と感心していた。

 ドラマは今月11日放送分から「明治編(京都編)」がスタート。“幕末のジャンヌダルク”と呼ばれ、スペンサー銃を手に会津戦争を戦った八重が、会津陥落後に兄・覚馬(西島秀俊)のいる京都に移り、そこで出会った新島襄とともに明治の新しい時代を、力強く生きる姿が描かれる。

 ドラマ後半からの登場となるオダギリは、新島旧邸を見て「本当に2人がここで生活したんだと思うと感慨深い。NHKのセットのすごさも分かりました」と、現在収録を行っているNHKの舞台セットが、現物の建物を忠実に再現されていることを明かしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス