文字サイズ

安山茜がプロ初優勝 ベストアマ王天妤

 「女子ゴルフ・兵庫県オープンゴルフレディース」(7日、吉川CC=パー72)

 36歳の安山茜が5バーディー、3ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギーの75で回り、プロ初優勝を飾った。竹内美雪とともに1打差の2位に入った高校2年の王天妤(おう・てんよ)がベストアマを獲得した。安山は優勝賞金60万円と副賞のステップアップツアー(下部ツアー)、山陽新聞レディースカップ(9月16~18日、岡山・東児が丘マリンヒルズGC)の出場権を手にした。

 広島市出身の安山は昨季、ツアーに初参戦を果たした遅咲き。近大卒業後、兵庫県内で研修生となったものの、なかなか芽が出なかった。2年前のツアー予選会で結果を残し、昨季から下部ツアーを主戦場に戦っている。

 「36歳の年齢は考えないようにしています。今まで多くの経験を積んできた分、技術を上げれば、チャンスはあると思う」。目標はレギュラーツアーへの参戦。遠回りしながら、ようやく手にしたプロ初優勝を飛躍の足掛かりにしたい。

 一方、アマチュアながら堂々の2位に食い込んだ王天妤は大阪の通信制高校2年に在学中の16歳。両親が中国人で、自身も中国籍。博多生まれの中国育ちで、7歳からゴルフを始め、本格的にゴルフに取り組むため小学6年の時に再来日。現在は両親と一緒に神戸市内に住んでいる。

 昨年の日本女子アマでは勝みなみに決勝で敗れたものの、身長171センチの長身から繰り出すショットと、ここ一番での勝負強さに注目が集まった。夢は「プロになって世界の舞台で活躍すること」。今後の活躍が楽しみな期待のホープだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス