文字サイズ

都知事交代で五輪影響懸念も「残念」とJOC会長

 東京都の舛添要一知事の辞職で15日、スポーツ界からは落胆や2020年東京五輪・パラリンピックへの影響を懸念する声が上がり、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は「知事が(リオデジャネイロ)五輪を前にして代わるのは非常に残念」と険しい表情で話した。

 舛添氏はリオ五輪閉会式での五輪旗の引き継ぎに意欲を示していた。20年大会の開催決定から2度目の都知事交代で、国際的な信用が低下する可能性も出ている。竹田会長は「これまでも国際オリンピック委員会(IOC)では準備を高く評価していただいている」とした上で「大会成功へ向かっていけると信じている」と強調した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス