文字サイズ

体操白井 床16・650点で圧巻V

 「体操・全日本種目別選手権兼リオ五輪代表最終選考会」(5日、国立代々木競技場)

 男子床決勝が行われ、白井健三(19)=日体大=がただ1人16点を超える16・650点をマークする圧巻の演技で優勝した。

 G難度リ・ジョンソン、自身の名が付いたシライ2を決めると、最後はシライ(後方伸身宙返り4回ひねり)を完ぺきに決め、左手でガッツポーズ。2位に0・8点の大差をつける圧勝で、初の五輪代表入りに大きく前進した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス