文字サイズ

四面楚歌の舛添都知事にまさかの援軍

あいさつする組織委の森喜朗会長。右は東京都の舛添要一知事
1枚拡大

 20年東京五輪・パラリンピック組織委員会は26日、都内で国際オリンピック委員会(IOC)と大会の準備状況を確認する会合を行い、記者会見を行った。

 政治資金流用疑惑や、高額な海外出張費が問題視され、四面楚歌状態の東京都の舛添要一知事に、まさかの“援軍”が現れた。組織委の森喜朗会長は、舛添知事の状況について「報道されていること以外は知らない」としつつ、「彼とは彼が政治家になる前からの付き合いだが、五輪に関しては進めていく上で障害はまったくない。むしろよくまとめてくれている。的確に早く結論を出してくれて、仕事がしやすい」と、仕事ぶりを絶賛した。

 昨年、新国立競技場の建設見直し問題の際には「知事の資格がない」と糾弾することもあったが…。

 また、IOCのジョン・コーツ副会長も「ローカルなことは分からないが、五輪の上では必要な人材だ」と、話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス