文字サイズ

羽生が左足甲じん帯を損傷 帰国せず

じん帯を損傷していた羽生結弦
1枚拡大

 世界フィギュアスケート選手権2016で2年連続の2位に終わった羽生結弦(ANA)が左足甲のじん帯を損傷していたことが4日、分かった。

 日本スケート連盟が、今回の大会に出場した日本代表選手の帰国スケジュールを発表する中で、「羽生結弦選手につきましては、トロントへ戻り『左足の甲靱帯損傷』の治療のため帰国いたしません」という形で明らかにした。

 羽生はブライアン・オーサー・コーチのいるカナダを練習基地としている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス