文字サイズ

真央は7位 フリーで魂の演技

 女子フリーで演技する浅田真央。7位だった=ボストン(共同)
1枚拡大

 「フィギュアスケート世界選手権・女子フリー」(2日、米ボストン)

 2年ぶりの出場となったSP9位の浅田真央(25)=中京大=は、渾身の演技でフリー134・43点をマークし、総得点200・30点の今季ベストで7位。女子の来年の世界選手権出場枠3枠獲得に貢献した。

 左ひざに不安を抱える中、真央が魂の舞を見せた。冒頭のトリプルアクセル、連続3回転ジャンプを意地で着氷させると、一気に波にのった。わずかなミスはあったものの、フリー「蝶々夫人」の世界をしっとりと表現。両手を広げたフィニッシュポーズの後、目を閉じるとそのまま天を仰ぎ、体を起こすとギュッと両拳を握った。

 キス&クライでは佐藤コーチに「滑れただけでよかった」とこぼし、安堵の表情。得点を見届けると、両手でサムズアップし、喜びを表現した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス