文字サイズ

宇良 優勝ならず決定戦決勝で敗れる

幕下優勝決定戦で栃丸(右)に敗れた宇良=両国国技館(撮影・堀内翔)
優勝決定戦で栃丸(上)に敗れた宇良=両国国技館(撮影・園田高夫)
優勝決定戦で栃丸に敗れガックリの宇良=両国国技館(撮影・園田高夫)
3枚3枚

 「大相撲初場所・千秋楽」(24日、両国国技館)

 居反りの使い手として知られる西幕下8枚目の宇良が、幕下優勝決定戦に出場した。6勝1敗の8人が出場したためトーナメント方式で行われ、決勝で東幕下13枚目の栃丸に突き倒された。

 今場所、唯一敗れた栃丸との再戦となった決勝では、低い体勢で攻めた。いなしに活路を見いだそうとしたが、反対に攻め込まれ、土俵上に裏返しに倒された。

 決定戦の後は小さく「残念ですね」。同じ相手に2度続けて敗れたことに「2回も負けているので、負けです。相手が実力は上」と淡々と語った。関取昇進前だが、すでに人気は相当なもので、客席から多くの宇良コールが飛んでいた。

 1回戦は同じ木瀬部屋の濱口と対戦。手の内を知られていることもあって、懐に入れない苦しい展開となったが、とっさに相手の右足を取って倒す、足取りで勝利した。

 準決勝は照強との小兵対決。頭をつける展開から引いてしまい、土俵際まで追い込まれたが、ここから一気に逆襲。寄り倒して決勝進出を決めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス