文字サイズ

18歳宇野昌磨が攻めて2位

男子フリーで演技する宇野昌磨(撮影・開出牧)
男子フリーで演技する宇野昌磨=北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(撮影・開出牧)
2枚2枚

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(26日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(18)=中京大中京高=が169・21点をマークし、総合得点267・15点で2位に入り、世界選手権(来年3~4月、米ボストン)代表を確実にした。SP1位の羽生結弦(21)=ANA=がフリー183・73点、総合得点286・36点で4連覇を果たした。

 「トゥーランドット」最後のポーズを解くと少し苦笑いで息をついたが、キスアンドクライで得点を確認すると、笑顔で大きくうなずいた。「練習してきたことが出せなかったという悔しい気持ちと、練習してきたからこそ、あそこでとどまれた気持ちの、両方があります」。今季シニアデビューを果たしたばかりの宇野が、悔しさと充実感をかみ締めた。

 冒頭の4回転トーループが抜け、いきなり2回転に。その後のジャンプを決め続けているうちに、心は決まった。構成を急きょ変更しての4回転再挑戦。「練習でも、ああなったら最後に4回転トーループやるということでやってきた。とりあえず挑戦したかったので挑戦しました」。結果は2回転になったが、攻めの選択に後悔はない。

 シニアに舞台を移しての今季は、攻めたいという気持ちで戦ってきたという。「最後まで攻め続けられた、逃げずに終われたところが唯一の気持ちの救いですかね」と、少し胸を張った。優しい顔に似合わない強気な18歳が、銅メダルを獲得したグランプリ(GP)ファイナルに続いて世界選手権出場にも大きく前進した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス