文字サイズ

なでしこ高槻が経営危機 3千万円不足、報酬遅配

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグ、大阪高槻が30日、資金不足で経営危機に陥っていることを明らかにした。大口スポンサーの撤退などで選手や本並健治監督への報酬は約2カ月分の遅配が生じ、12月までの運営資金が3千万円不足の見込み。参戦継続のために支援金を募り、スポンサー獲得も目指す。

 大阪府高槻市内で記者会見したクラブの横山稔社長は「このままではリーグに参戦できないことも起こり得る。こういう状況でプレーしてくれている選手には感謝している」と神妙な表情で話した。支援金は街頭や試合会場で募り、遠征費、選手の給与などに使う。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス