文字サイズ

羽生 競技人生断念を覚悟した

 フィギュアスケートのGPシリーズ中国杯男子フリーが行われた8日、直前練習中に中国人選手と激突し、頭部とあごなどを負傷した羽生結弦が、フリーの演技終了後、テレビ朝日のGPシリーズメインキャスターを務めている松岡修造氏の取材に対し、転倒の瞬間、競技人生終了を覚悟したことを明らかにしていた。

 そのインタビューの模様が11日、テレビ朝日系「グッド!モーニング」(月-金曜、朝4時55分)で放送された。

 演技を終えて競技場を出る羽生は、そのとき既に車イスに乗っていた。待ち受けた松岡氏はその前にひざまずいて話し掛けた。

 羽生はまず「立って下さい」と気遣い、転倒の瞬間、頭を駆け巡った思いを打ち明けた。

 「さすがに立てなかったので、みぞおちに来ていたので息もできなくて、このまま僕のスケートは終わるのかと、天井を見ていました」

 しかしその後、傷はそこまでのものではないことが分かった。そしてフリーの演技に挑み、何度も転倒しながらやり終えた。

 たとえ結果は2位でも、羽生は「諦めなくて本当によかったと思います」とリタイアしなかったことを喜んだ。そして「ありがとうございます。本当に皆さんに助けられました」と松岡氏に何度も頭を下げて車に乗り込み、競技場を後にした。

 9日に帰国した羽生は都内の病院で精密検査を受け、頭部挫創、下顎挫創、腹部挫傷、左大腿挫傷、右足関節捻挫で全治2~3週間と診断された。

 羽生は「皆様にはご心配とご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、まずは、ゆっくり休み治療したいと思います」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス