文字サイズ

国学院大・伊藤雅が2安打3打点の活躍

 「東都大学野球、国学院大11-4日大」(14日、神宮)

 国学院大が16安打の猛攻で逆転勝ちし、勝ち点2とした。

 リーグ戦初スタメンの伊藤雅人内野手(1年・関東第一)が2本の適時打で3打点を挙げる活躍を見せた。

 「8番・DH」に名を連ねると、まずは2点を追う二回2死三塁から直球を捉え、リーグ戦初安打となる中前適時打。5点リードの四回無死満塁の場面では、スライダーを再び中前に運び、2者を迎え入れた。

 スタメンを告げられたのは、試合前のアップ中。「やっと来た、と思った」という意気込みをパフォーマンスに直結させ「結果を残せてよかった」と、笑みがこぼれた。

 関東第一では、オコエ(楽天)らとともに昨夏甲子園で4強入り、「3番・遊撃」としてチームを引っ張った。プロの舞台で奮闘を続ける仲間の存在は、大きな刺激。「いつか同じ舞台に立って野球をやれたら。(大学での)目標は100本ヒットを打つこと。そのためにスタメンをまず取らないと」と、さらなる成長を誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス