文字サイズ

【野球】巨人 再発防止への取り組み

 プロ野球の開幕を目前にして、巨人の野球賭博問題が再燃。グラウンド外に注目が高まり、開幕に水を差す事態となってしまった。問題の全容解明が進められる一方で、巨人では並行して再発防止に向けた取り組みに力が注がれている。

 「巨人軍は誤解を与える行為をなくし、きれいな球団として再生しなければいけない。勝ち負けはその後。我々はそういう決意で徹底的にやる」と久保球団社長。14日には都内で、野球賭博問題を機に発足した再発防止のための「紀律委員会」の会合を開いた。

 会合後、球団からは人間教育が再発防止につながるとの考えが示され、寮生や若手選手を対象に行っているさまざまな取り組みが明かされた。問題意識を高めるためのひとつの方法として、森田総務本部長は「LINEなどもあるが、自分の考えを文章で表現することが重要」と説明。寮生と家族との間での手紙のやり取りや、新聞を読ませてレポートの提出も行っているという。

 レポートについて、ここ最近で取り上げられたテーマは東日本大震災。記事を読んだ寮生からは「何か復興に役立てることはないか」という感想も出ており、「何でこんなに恵まれた環境で野球をできるのか考え始めているんじゃないか」という報告もされた。

 今回の問題の背景として、森田総務本部長は「(選手が)入団してすごい早い時期にいろんな人が接触している事実が分かりました。落とし穴、罠が入団して早い時期にある。寮生、若い選手に手を打たないといけない、ということです」と語った。ただ、さまざまな“誘惑”は知名度が上がるほど、増していくのも現実。今後はこうした取り組みを1軍の選手たちにも広げていくという。

 真摯(しんし)に野球に打ち込んでいる選手にとっては、憧れのプロ野球界に入ってまでこうした取り組みを行うことに、違和感はあるかもしれない。ただ、野球ファンは流してきた汗が全て否定されてしまうような選手の姿は、もう見たくないはず。20年後、30年後もこのような過ちを二度と繰り返さないため、地道に一歩を刻んでいってほしい。(デイリースポーツ・佐藤啓)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス