文字サイズ

創価大・正義 初登板で152キロ

 東京新大学リーグの創価大が6日、東京都八王子市の同大グラウンドで拓大とオープン戦を行い、今秋ドラフトの目玉・田中正義投手(3年・創価)が今季初めて実戦で登板した。

 先発した田中は、初回先頭にストレートの四球。立ち上がりこそ力みが見られたが、その後は力のある直球を主体に拓大打線を抑え込んだ。最速は152キロを計測。三回1死からこの日唯一の安打となる左翼線への二塁打と四球などで1死二、三塁のピンチを迎えたが、後続を断って3回1安打無失点。3三振を奪った。

 田中は先月5日に右肩違和感を訴え、侍ジャパン強化試合・台湾戦への招集が見送られていたが、順調な回復ぶりを示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス