文字サイズ

日本ハム斎藤佑、1イニング4点失う

 「オープン戦、日本ハム-巨人」(1日、札幌ドーム)

 日本ハム・斎藤佑樹投手(27)が四回から2番手で登板。2回5安打4失点だった。

 四回、先頭の岡本に左前打を浴びると、小林の犠打、立岡の左飛、片岡の四球で2死一、二塁。坂本は空振り三振に仕留めて、無失点で切り抜けた。

 五回は先頭のギャレット、続く代打・村田に連続で中前打を打たれ無死一、二塁。長野の左飛で1死一、三塁となると、亀井の二塁へのゴロを田中賢がはじき(記録は失策)で、1点を失った。

 なおも1死一、二塁で岡本に左翼線二塁打を打たれて1点を追加された。さらに小林の打球を三塁のレアードが後ろにそらし(記録は失策)、さらに2点を追加された。

 1死一塁から巨人のルーキー・重信に右前打を浴びると、吉井投手コーチがマウンドへ。後続は抑えたが、この回4点を失った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス