文字サイズ

明大・菅野、通算28二塁打の新記録

 「東京六大学野球、法大2-1明大」(26日・神宮)

 明大・菅野剛士外野手(4年・東海大相模)が、リーグ通算最多二塁打記録を更新した。二回無死から、右中間を破る通算28本目の二塁打を放ち、慶大・高木大成(元西武)と並んでいた記録を塗り替えた。

 広角に打ち分ける打撃が光る左のスラッガー。171センチ、75キロの体格ながら4番に座る。プロ志望届を提出したものの、22日のドラフト会議では無念の指名漏れ。悔しさを胸に、90周年を迎えたリーグの歴史に名を刻んだ。

 しかし、チームの勝利にはつながらず。自力優勝も消滅し「自分の名前が刻まれるのはうれしいけど、勝って決めたいというのがあった。何か心残りがある」と、複雑な表情だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス