文字サイズ

広島新庄が初戦敗退 甲子園は絶望的

 「秋季高校野球中国大会・1回戦、開星7-0広島新庄」(24日、松江市営球場)

 今夏の甲子園に出場した広島新庄が完敗。来春のセンバツ大会出場が絶望的になった。

 今大会注目の左腕、堀瑞輝投手(2年)が6回6安打4死球7失点(自責点6)と打ち込まれた。

 初回、2死球からピンチを招き2失点。四回は4番の福間塁外野手(2年)に左越えソロを被弾すると、死球や見方のミスなども絡み一挙、5点を失った。打線もわずか4安打と好機をつくれなかった。

 迫田守昭監督は「圧倒的にやられた。堀に関しては研究されていた。どうすれば抑えられるか、わかったと思うのが収穫」と話した。堀は「インコースの球にも踏み込んできた。研究していると思った。力不足です」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス