文字サイズ

仙台育英が逆転勝ち 平沢プロ志望明言

好投し平沢(左端)からウィニングボールを受けとる仙台育英・佐藤世。右端は佐々木朗監督=紀三井寺球場(撮影・堀内翔)
3枚

 「和歌山国体・高校野球硬式1回戦、仙台育英3-2広島新庄」(27日、和歌山市紀三井寺)

 今夏甲子園準優勝の仙台育英が逆転勝ちした。

 2点を追う五回に連続適時打で追いつくと、八回に5番・佐々木良介内野手(3年)の適時内野安打で勝ち越した。

 今秋ドラフト候補右腕の佐藤世那投手(3年)は、同点の六回から登板。力のある直球と決め球のフォークで4回2安打無失点、2奪三振の好救援を見せた。勝利に貢献し「最後なので楽しんで、中途半端にならないように。みんな勝ち行こうという話はしていた」と、満足げな表情を浮かべた。

 また、今秋ドラフト上位候補の平沢大河内野手(3年)は4打数2安打。会心の当たりは出なかったものの、八回は中前打で決勝点を演出した。大会後にプロ志望届を提出することを明かし「どんな形であれ、チームの勝利に貢献できる選手になりたい。どこ(の球団)に行きたいとかはないです」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス