文字サイズ

早実・清宮は2安打も初戦敗退

 「和歌山国体 高校野球硬式1回戦、鳥羽3-2早実」(27日、和歌山市紀三井寺)

 今夏甲子園4強の早実は競り負け、初戦で姿を消した。スーパー1年生・清宮幸太郎内野手は「3番・一塁」でフル出場。4打数2安打だった。

 初回無死一、二塁からの第1打席では、フルカウントからの6球目、外角の変化球を捉え、鋭く一、二塁間を破る右前打を放った。清宮の一打で無死満塁と好機を拡大した早実は、続く4番・加藤雅樹捕手(3年)の左犠飛で1点を先制した。

 三回1死からの第2打席は、外角の直球に反応。逆らわない打撃で左中間を破る二塁打を放った。

 五回1死二塁からの第3打席は、変化球にタイミングを外されて三飛。八回1死からの第4打席は、初球を打ち上げて左飛に倒れた。

 夏の甲子園で2本塁打を放った清宮は、今秋も好調。秋季東京大会1次予選では、2試合で6打数5安打9打点、3本塁打の成績を残していた。

 3年生との最後の試合を終えた清宮は「このメンバーでやるのが一番気持ちいい。ここまで伸び伸びやらせていただいて、感謝の気持ちしかない」と感慨深げ。「上級生の皆さんに引っぱってもらって甲子園にまで行けた。この経験を生かして、思いをしっかりつなげていきたい」と、意気込みを新たにした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス