文字サイズ

中日の小笠原、現役引退へ 両リーグMVPの強打者

 中日の小笠原道大内野手
1枚拡大

 中日の小笠原道大内野手(41)が今季限りで現役を引退することが13日、分かった。球団関係者が明らかにした。

 小笠原は千葉・暁星国際高からNTT関東を経て1997年にドラフト3位で日本ハムに入団。打力を生かすため捕手から内野手に転向し、2002、03年に首位打者。06年には本塁打王と打点王を獲得し、パ・リーグ最優秀選手(MVP)に選出された。フリーエージェントで巨人に移籍した07年にはセ・リーグMVPに輝いた。11年5月に通算2千安打を達成した。

 13年オフに中日に移籍してからは代打の切り札として活躍。ベストナイン7度、ゴールデングラブ賞を6度受賞。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス