文字サイズ

名監督も驚いた、オコエの打撃急成長

 大会2試合でチーム随一の結果を残しているオコエ=舞洲(8月28日、ブラジル戦)
1枚拡大

 これだけ木製バットで結果を残せるとは思わなかった。甲子園でのスイングを見ている限り、オコエ瑠偉外野手(関東第一)の打撃には重大な欠点があった。下半身を使えず、すべて体が前に流れて手だけで打ちにいく。いわゆる“金属バット打ち”-。それがU-18の2試合で8打数4安打3打点とチーム随一の結果を残している。

 「僕も甲子園を見たときに、木製バットには対応できないんじゃないかと思っていた。どうしても前に打ちにいってしまうから」と語ったのは、日本代表を率いる西谷浩一監督(大阪桐蔭)。西武・中村や日本ハム・中田ら球界を代表する強打者を育てあげた指導者の目にも、代表選考の段階でオコエのスイングは重大な問題をはらんでいた。

 その一方、「性格も明るいですし、オコエが1番として機能できれば面白い打線が作れる」と大きな可能性を見いだしていた指揮官。オコエが合流してきた初日に「どうしたい?」と聞いた。返ってきた答えは「思い切っていきたいです」の一言。「思い切っていくのはいいけど、しっかりと準備しよう」。そこから短期間でのスイング矯正が始まった。

 ポイントは軸足に体重を残し、軸回転でスイングすること。オコエはバットを体の右側へ引いてトップを作った後、いったん体の中央部に戻し、そこからスイングする悪癖があった。これでは変化球に対してバットが止まらず、手打ちになってしまう。自分のポイントで打てないため、木製バットを折ってしまう可能性が高かった。

 そんなオコエに、西谷監督が伝えたアドバイスは一言。「軸足に体重を残し、センターからやや右方向を意識してスイングしてみなさい」-。国内合宿での打撃練習から、オコエは西谷監督の教えを愚直に遂行した。「自分は打撃が課題で、実力はゼロだと思っている。一からスイングを作っていくというイメージで」と謙虚な姿勢が、成長に拍車をかけた。

 トップの位置が前に出てくる悪癖が徐々に緩和され、下半身を使った軸回転のスイングができるようになってきた。その証拠が、折ったバットの本数。「実はまだ1本も折ってないんですよ」と、オコエはうれしそうに明かした。米国戦の試合前練習でも直接指導を受け、そのイメージ通り、右方向へ2本の安打を放ってみせた。

 短期間での急成長-。これには、数々の強打者を育ててきた西谷監督も「思った以上に対応力があるんだなと。ちょっとビックリしています。彼が1番で機能できるかどうかが、このチームのカギでもあったので。今のところはしっかり結果を残してくれている」と目を細める。

 甲子園で驚異的な身体能力、抜群の走力と守備力、スター性を見せていたオコエ。スカウト陣の間で致命的になりかねない欠点と指摘されていたのが打撃だった。あるスカウトは「スイングを直すまでに、かなりの時間を要するかもしれない」と語っていた。

 だが指導の要点を理解し、すぐ自分の動作に変えられるコーディネーション能力はオコエの大きな武器。スイングが変わる兆しはこの1週間で見せてきた。このまま順調に成長できれば-。球界を代表する、3拍子そろったスーパースターが誕生するかもしれない。(デイリースポーツ・重松健三)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス