文字サイズ

球児8回3失点、公式戦5戦目で初黒星

 「四国ILp、香川3-1高知」(29日、レクザム)

 高知の藤川球児投手(35)が先発登入団後最長の8回を投げて完投し、11三振を奪ったものの、9安打3失点(自責2)で公式戦登板5試合目にして初黒星を喫した。

 球数121球での完投負け。直球の最速は144キロで、六回には初本塁打も喫した。それでも藤川は「投げるたびに体力がついている。全然疲れていないし、達成感がある」と、晴れやかな笑みを浮かべた。

 阪神時代に2軍で3度の完投があるが、1軍では経験がない。高知では14日の愛媛戦の77球が最多で、この日は一気に球数を増やした。リリーフだけではなく、先発完投の力も示した121球。メジャーから帰国して再起を目指す男にとって、収穫の大きいマウンドとなったようだ。

 後期リーグ戦は9月中旬まで行われる。藤川は残り2試合に登板予定で「もう1点もやりたくない」と力強く話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス