文字サイズ

九国大付・山本 2試合連続第3号本塁打

 「全国高校野球・3回戦、九州国際大付-作新学院」(15日、甲子園)

 九州国際大付の4番で、元ロッテ監督の山本功児氏(63)の長男・山本武白志内野手(3年)が、2試合連続、今大会自身3本目となる本塁打を放った。

 0-0で迎えた六回2死。作新学院の先発・倉井優輔投手(3年)の真ん中高めに入った直球をフルスイング。打球は大きな弧を描いて左翼席に飛び込む先制弾となった。

 山本は13日の2回戦・大阪偕星学園戦で、史上31人目となる2打席連続本塁打を放っており、この本塁打で今大会3本目となった。夏の甲子園では、1985年に清原和博(PL学園)が放った5本が1大会個人最多本塁打。続いて同年の藤井進(宇部商)、05年の平田良介(大阪桐蔭)、06年の広井亮介(智弁和歌山)、北條史也(光星学院)が4本塁打を記録している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス