文字サイズ

横浜、渡辺監督最後の夏辛勝で準決勝へ

2回、先制点が入り笑みがこぼれる横浜・渡辺監督=横浜スタジアム(撮影・村中拓久)
3枚

 「高校野球・神奈川大会準々決勝、横浜5-4横浜隼人」(24日、横浜)

 渡辺元智監督が今夏限りで勇退する横浜が逆転で横浜隼人を下し、準決勝に進出した。 横浜は二回に7番・山田の左前適時打で1点を先制したが、その裏に同点とされた。六回には失策と野選で無死一、二塁のピンチを招き、横浜隼人の6番・小泉に右越え2点適時三塁打を浴びて勝ち越しを許し、七回にも1点を追加された。

 だが、4-1で迎えた八回。2番・戸堀の2ランと5番・石川のスクイズで3点を挙げて同点に追いつく。そして九回、1番・増田が右中間への適時三塁打を放ち、これが決勝点となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス