文字サイズ

広島工大高、逆転で10年ぶり4強

崇徳を下し笑顔で三塁側応援席に向かって駆け出す広島工大高ナイン(撮影・市尻達拡)
1枚拡大

 「高校野球・広島大会4回戦、広島工大高2-1崇徳」(22日、コカ・コーラウエスト)

 広島工大高が、春季広島大会の準優勝で優勝候補の崇徳を逆転で下し、準々決勝に進出した。8強入りは05年以来、10年ぶり。

 四回に先制点を与えたが、直後に同点。1-1の六回2死二塁で、園生凌大外野手(2年)が中前適時打を放った。投げては先発した植中弘樹投手(3年)が要所を締める投球。9回119球を投げて7安打1失点と好投した。第2シードを撃破した関根浩司監督は「選手がやるべきことをやってつかみ取った勝利」と笑顔を見せた。

 崇徳は終盤の好機を生かせなかった。主将の菅力也捕手(3年)は「優勝を目指していたので悔しい。ボール球に手を出している打者が多かった」と悔しさをにじませた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス