文字サイズ

履正社が4強進出 七回7点でコールド

 「高校野球大阪府春季大会、準々決勝 履正社7-0大塚」(6日、舞洲ベースボールセンター)

 履正社が大塚を7-0の七回コールドで下し、4強に進出した。

 0-0で迎えた七回、主将・西村の中越え二塁打で均衡を破ると、そこから怒とうの6連打で一挙7点を奪い、コールドに持ち込んだ。投げては2年生左腕の寺島が毎回の11三振を奪って完封。それでも岡田監督は「細かいミス、つまらんミスが多い。やっぱりもっときちんとした野球を、ウチらしい野球をやっていかないと」とバントミスや走塁ミスを修正すべき課題として挙げていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス