文字サイズ

英明が四国地区大会で秋春連覇

秋春連覇を果たし、喜ぶ英明ナイン
2枚

 「高校野球・春季四国地区大会決勝、英明3-0新田」(4日、松山中央公園)

 昨秋の四国大会覇者・英明(香川)が、新田(愛媛)を下して春季四国地区大会初出場初優勝。昨秋の四国地区大会からの秋春連覇を果たした。

 英明は初回、2死一、三塁のチャンスで主将の5番・冨田勝貴内野手(3年)が左翼線へ先制の適時二塁打。四回には2番・橋本駿輔内野手(3年)の適時打で1点を追加し、九回にも3番・森山海暉内野手(3年)の左前適時打でリードを3点に広げた。

 エース・田中寛大投手(3年)は8回0/3を無失点の好投。九回に先頭打者の痛烈な打球が左ひざに直撃してマウンドを降りたが、2番手・中西幸汰投手(3年)が後続を打ち取り、無失点で逃げ切った。2番・橋本は今大会3試合で7打数7安打、2四死球で5犠打を記録する大活躍だった。

 新田は力投の先発・田中蓮投手(2年)を打線が援護できず、初優勝を逃した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス