文字サイズ

谷繁監督兼捕手が自身初の退場処分

9回表2死一、二塁、関根の2点三塁打で一走バルディリス(左)が逆転の生還。判定に抗議する際に谷繁監督兼選手(中)が球審に触れ、退場となる=ナゴヤドーム
1枚拡大

 「中日3-5DeNA」(2日、ナゴド)

 中日・谷繁元信監督兼捕手(44)が自身初の退場処分を受けた。

 中日2点リードで迎えた九回だった。2死走者なしから3連打で1点を返された直後、2死一、二塁から関根に右中間を破られた。

 二塁走者が生還し、続いて一塁走者のバルディリスも一気に本塁突入。クロスプレーで微妙なタイミングだったが「セーフ」と判定された。

 この回からマスクを被っていた谷繁監督兼捕手は、即座に球審に向かって猛抗議。その際、球審の胸を突いたとして退場処分となった。

 DeNAはバルディリスの生還で1点勝ち越し。さらに黒羽根の適時二塁打で5-3として勝負を決めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス