文字サイズ

関大・石田と立命大・桜井に日米注目

2失点完投で4勝目を挙げた関大・石田
2枚

 「関西学生野球、関大3-2立命大」(2日、ほっと神戸)

 関大・石田光宏投手(4年・近江)、立命大・桜井俊貴投手(4年・北須磨)とドラフト候補同士の投げ合いとなり、日米11球団のスカウトが詰めかけた。

 序盤から白熱した投手戦となったが、五回に関大が相手のミスや四球に乗じて3点を奪い桜井を攻略。石田は「絶対に負けないという意識を持って投げた。すごく意識する相手です。最後まで引かずに真っすぐで押せた」と気迫を前面に押し出し、2失点で完投勝利を収めた。

 五回途中で無念の降板となった桜井は、不運な失点が重なり「あそこで踏ん張らないと。もっと1球、1球大事に投げていかないといけない」。それでも直球の最速は149キロを計測し、巨人・益田スカウトは「ボールの力は十分、(プロでの)争いに入っていける」と評価していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス