文字サイズ

松山東 82年ぶりに「高校生らしく」

正岡子規も学んだ講堂「明教館」で記念撮影に納まる松山東ナイン
3枚

 第87回選抜高等学校野球大会の選考委員会が23日、大阪市の毎日新聞大阪本社で行われた。

 21世紀枠で松山東(愛媛)のセンバツ出場が決まった。1933年(第10回大会)以来、大会史上最長ブランクとなる82年ぶり2度目の出場。

 ノーベル賞作家の大江健三郎氏ら多くの文化人を輩出した県内屈指の進学校で、OBの俳人・正岡子規が創部のきっかけを作ったという伝統の野球部が、長い低迷を乗り越え聖地に帰ってくる。

 グラウンドに集まったナインは、在校生やOBら約900人から祝福を受けた。米田圭佑主将(2年)は「OBの方々の期待を感じる。甲子園では、高校生らしくハツラツとしたプレーを見せたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス