文字サイズ

ロッテ伊東監督「イケメンは必要」

 千葉県内の政財界などによるロッテの後援会「かもめ会」が25日、千葉市内のホテルで行われ、伊東勤監督(52)、石川歩投手(26)、鈴木大地内野手(25)、益田直也投手(25)が出席した。伊東監督は、Bクラスに終わった今季を振り返るとともに、「来年は必ず、チーム全員でここに来て優勝を報告します」とあいさつした。

 また、終了後、報道陣の取材に対応し、この日に契約を締結したドラフト4位の創価大・寺嶋寛大捕手について「映像で見たが、全体的に欠点がなく、無難にこなしている。うちは捕手を固定できていないのが弱み。1人入ってきてくれて全体的なレベルが上がる。楽しみな選手」と期待。

 また、現役時代に端正なマスクで女性人気を博した指揮官は、寺嶋のスター性を感じさせる端正なルックスについても言及。「イケメンというのは、球団にとっても大事だし、絶対に必要。顔っていうのは変わってくるが、元が良ければ、さらに磨きが掛かる。“カープ女子”とかあるけど、“マリーンズ女子”がもっと増えてもいいと思う。売りのひとつになっていただきたい」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス