文字サイズ

日本ハム七回5連続適時打で5連勝

 「日本ハム5‐2ソフトバンク」(1日、札幌ド)

 日本ハムが逆転勝ちで今季3度目の5連勝。六回までソフトバンク・摂津に1安打に抑えられていたが、2点を追う七回、5者連続適時打で試合をひっくり返した。1死一、二塁から稲葉の左前適時打に続き、大引の左前適時打で同点。さらに代打小谷野の適時二塁打で勝ち越し。近藤、大野も続いてこの回一挙5点を奪った。

 稲葉は「稲葉ジャンプをしていただいて気持ちが一つになりました」と笑顔をみせた。戦線離脱があり、これが今季2打点目。ベテランは「今年も開幕したなって感じですね」とおどけた。

 3番手の武田勝が3勝目。5月7日以来の登板となった先発吉川は6回を5安打2失点だった。

 ソフトバンクは3点を追う九回2死満塁と攻めたが、無得点。連敗でオリックスに0・5差と迫られた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス