文字サイズ

東海大相模4年ぶりV 吉田20K快投

甲子園出場を決め歓喜の東海大相模ナイン=横浜(撮影・会津智海)
3枚

 「高校野球・神奈川大会決勝、東海大相模13‐0向上」(30日・横浜)

 東海大相模が圧勝し、4年ぶり9度目の優勝を飾った。

 先発した2年生右腕・吉田凌投手が快投。140キロ台の直球と落差の大きいスライダーを武器に、7者連続を含めて先発全員から20三振を奪い、九回途中まで3安打しか許さなかった。

 打線は初回に2番・杉崎成輝内野手(2年)の右越えソロで先制。四回に1点、六回には9番・吉田の2点適時打など5安打で4点、七回に2点、八回には杉崎のこの日2本塁打目となる2ランなどで4点と、攻撃の手を緩めなかった。

 門馬敬治監督は「勝負に勝ったことだけがすべて。負けた悔しさからスタートしたチーム。それを返そうと執念だけでやってきた」と涙。今大会初先発だった吉田は「ウチのチームにはいいピッチャーがたくさんいるので、悔いのない投球をしようと1球1球全力で投げた結果。よかった」と声を弾ませた。

 今夏の地方大会では、東海大甲府(山梨)、東海大四(南北海道)、東海大望洋(千葉)が優勝しており、史上初めて4校が甲子園出場することになった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス