文字サイズ

佐野日大・田嶋は途中降板で夏終わる 

作新学院との決勝に先発し、力投する佐野日大の田嶋=宇都宮清原
2枚

 「高校野球・栃木大会決勝、作新学院7‐1佐野日大」(27日、宇都宮清原)

 佐野日大は逆転負けし、2季連続の甲子園出場はならなかった。

 先発した今秋ドラフト候補左腕・田嶋大樹投手(3年)は、六回途中2失点で降板。四回までは無安打投球だったが、五回に初安打を許し、左肩を気にするしぐさを見せた。この回は無失点でしのいだが、六回に同点二塁打を浴びたところで、マウンドを降りた。

 直後に救援した稲葉恒成外野手(3年)が勝ち越し2ランを被弾。その後も追加点を許すと、打線も反撃はならなかった。

 左肩周辺を痛めて無念の終戦となった田嶋は「自分の体の弱さがでた。脇の下のところが痛くて投げられなかった。最後まで投げきれなかったのは情けない」と涙を浮かべた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス