文字サイズ

佐野日大・田嶋 好救援で逆転勝ち貢献

 「高校野球・栃木大会1回戦、佐野日大10‐2小山西」(16日、栃木県総合運動公園)

 今春センバツ4強の佐野日大が、7回コールド勝ちで初戦突破を果たした。

 今秋ドラフト候補左腕の田嶋大樹投手(3年)は、1‐2の四回から登板。最速144キロを計測した直球などで4三振を奪い、4回を1安打無失点に抑えた。

 打線は1点を追う五回に1番・竹村律生内野手(2年)の適時二塁打で同点。さらに3番・吉田叡生内野手(3年)の2点二塁打で勝ち越し。六回には吉田の満塁本塁打などで6点を加えた。

 逆転勝ちに貢献した田嶋は「今日の真っすぐはよかった。チームが勝ったのでよかったです」と、淡々と喜びを口にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス