文字サイズ

広島・久本が左肘故障で全治未定

 広島の久本祐一投手が30日、広島市内の病院で左肘の超音波検査などを受け「左肘尺側手根屈筋起始部損傷」と診断を受けた。3週間のギプス固定で、全治は未定。

 久本は29日のDeNA戦(横浜)で2番手として登板。投球中に左肘を痛め、途中降板した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス