文字サイズ

東海大が逆転勝利で4年ぶり決勝進出

創価大に逆転勝ちで決勝進出の東海大ナイン(左は5回に勝ち越し打を放った田中)=神宮球場(撮影・田村亮介)
3枚

 「全日本大学野球選手権・準々決勝、東海大7‐2創価大」(14日、神宮)

 東海大が鮮やかな逆転勝利。2点を追う五回、1死一、三塁から下石の右前打で1点を返すと、さらに二、三塁から続く田中が逆転の右前2点適時打。

 この回さらに常道の2点三塁打で一気に5点を奪い、以後も六回から登板した創価大・田中に対し敵失絡みで2点を加えて、4年ぶりの決勝進出を決めた。

 毎回、走者を許しながら5回2失点と試合をつくった先発・吉田は「要所を抑えられた。あしたも投げられるなら、つぶれてもいいくらい、全力でいく」と、日本一に照準を合わせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス