文字サイズ

大谷 菊池雄星から衝撃の初球本塁打 時速182キロ、133メートル豪快弾

 マリナーズ戦の1回、菊池との対決で先制の16号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
マリナーズ戦の1回、菊池との対決で先制の16号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
マリナーズ戦の1回、菊池(左)との対決で先制の16号本塁打を放ったエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
3枚

 「エンゼルス-マリナーズ」(5日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が「2番・指名打者」で出場し、母校・花巻東の3年先輩のマリナーズの菊池雄星投手(29)と19年7月21日以来、685日ぶりに対戦。第1打席で8戦ぶり、中越え16号ソロを放った。

 甘く入った球を逃がさなかった。初回の打席。初球、151キロカットボールを完璧にとらえると、時速182キロ、飛距離133メートルの打球が中堅フェンスを軽々と超えた。

 大谷の本塁打は5月25日のレンジャーズ戦以来、8戦ぶり。自身5戦15打席ぶりの安打でチームに先制点をもたらした。打球を見届けた菊池は一瞬笑みがにじんだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス