文字サイズ

米大リーグ機構&選手会が協議 エンゼルス元投手死亡で薬物検査の改定

 米大リーグ機構と選手会が、鎮痛作用のある医療用麻薬オピオイドを薬物検査の対象に加える協議をしていると、AP通信が29日に伝えた。

 今シーズン途中にエンゼルスのタイラー・スカッグス元投手がアルコールとともにオピオイドを摂取し、吐しゃ物で窒息死したことを受けた措置。米メディアでは医療用麻薬を乱用している選手もいると報道されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(大リーグ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス