文字サイズ

カージナルス、最終第5戦でPS史上最多の初回10得点 三回終えて13-0

 「ナ・リーグ地区シリーズ・第5戦、ブレーブス-カージナルス」(9日、カンバーランド)

 カージナルスが2勝2敗で迎えた最終第5戦でプレーオフ(PS)史上最多となる初回10得点を記録するなど、三回を終えて13-0と一方的な展開で5年ぶりの優勝リーグ決定シリーズに向かってばく進している。

 カージナルス打線が5日前の第2戦で7回無得点に封じられた相手先発フォルティネビッチに“10倍返し”の猛攻を見せた。

 初回、先頭ファウラーが四球で出塁すると、2番ウォンが犠打で得点圏に走者を進める。ゴールドシュミットの遊撃内野安打で同一、三塁と好機を広げ、4番オズナが先制適時打。さらにモリーナの強烈な打球をベテラン一塁フリーマンが失策し、満塁とすると、押し出し四球とエドマンの2点適時二塁打で4点目を奪い、フォルティネビッチをKOした。

 緊急登板となった2番手フリードは動揺したのか、投手フラハティに押し出し四球。さらに2巡目の打席に立ったファウラーとウォンがそれぞれ2点適時二塁打を放つなど、打者14人で一挙10点を奪ってみせた。

 ブレーブスは第3戦に勝って2勝1敗とし、18年ぶり地区シリーズ突破に向けて王手をかけたが、第4戦で延長十回サヨナラ負け。本拠地に戻って迎えたこの日は初回から地元ファンのため息とブーイングが交錯する異様な雰囲気。中継局の実況は「ショッキング」という言葉で序盤の展開を表現した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(大リーグ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス