文字サイズ

大谷VSマエケン 2打席目は空振り三振 初回に先制7号

 「エンゼルス-ドジャース」(11日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)は「3番・指名打者」で出場。ドジャースの先発、前田健太投手(31)に対し、二回の第2打席は空振り三振だった。一回の打席で右越え7号ソロを放っている。

 初回の打席で7号ソロを放った大谷の第2打席は5-0の二回2死一塁の場面。3球連続でボール球を見送った後、146キロ直球が低めに外れ、一塁へ歩きかけたがストライクの判定。続く外角148キロ直球を見送って再び一塁へ歩きかけたが、またしてもストライクの判定。フルカウントから2球連続ファウルで粘りを見せたが、7球目の137キロチェンジアップにバットは空を切った。

 前田とは昨年7月6日以来の対決。前回は空振り三振、遊飛に封じられている右腕に対し、一回2死走者なしの打席はフルカウントから高めの浮いたスライダーを弾丸ライナーで右翼席へ運んだ。発射角度21度、飛距離127メートルの低空弾。打球の行方を見送った前田はマウンド上で悔しそうな表情を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(大リーグ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス