文字サイズ

マエケン 初回5失点 大谷に被弾しマウンド上で悔しさにじませる

 1回、右越えに7号本塁打を放つエンゼルス・大谷。投手は前田(提供・共同通信社)
2枚

 「エンゼルス-ドジャース」(11日、アナハイム)

 ドジャースの前田健太投手(31)が先発し、一回2死から大谷翔平投手(24)に7号ソロを浴びた。

 昨年7月6日以来、メジャー2度目の対決。前回は空振り三振、遊飛に封じている大谷に対し、2球連続で変化球がボールになった後、外角低めのスライダーで見逃しストライクを取る。4球目、低めの138キロチェンジアップで追い込むも続くチェンジアップを見送られてフルカウントに。6球目、高めに浮いた132キロスライダーを右翼席へ一気に運ばれた。

 打球の行方を見届けた前田は、マウンド上で首を振りながら悔しい表情。その後は気持ちの乱れからか、後続に死球と四球を与えて2走者を背負うと6番グッドウィンに中前適時打、さらにボアには中越え3ランを浴びて一挙5点を失った。

 前日に大谷との対戦について「もちろん楽しみです」と話す一方で「日本のメディアの人がたくさん書くと思うので打たれたら大変なことになるなと」と報道陣の笑いを誘っていた前田。“悪い予感”が的中してしまった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(大リーグ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス